消火設備を通じ、人命、財産を守ります ■消火設備 ■消防申請業務 ■配管工事他

屋内消火栓設備とは

屋内消火栓設備は、放水量および有効射程が大きい為、消火器では消火不可能な段階の消火を目的として屋内に設置され、 建物の内部に及んだ火災を人が操作することによって消火する設備であり、 水源、加圧送水装置(消火ポンプ)、 起動装置、屋内消火栓(開閉弁、ホース、ノズル等)、配管・弁類及び非常電源等から構成されています。

ポンプの起動方式は、主にポンプ起動押しボタン(専用)によるもの・自動火災報知設備の発信機を押す事によるものがあります。 また、最近では消火栓弁を開放する過程で自動起動するものや、ホースの延長操作による自動起動等もあります。

屋内消火栓の種類には、放水圧力、放水量及び操作性によって、従来の二人操作による1号消火栓の他その操作性を重視し、 より簡単・的確に消火活動を行える易操作性1号消火栓及び2号消火栓に区分され、それぞれ、設置する防火対象物及び水平距離が定められています

  • 消火栓
  • ■消火栓
  • 放水
  • ■消火栓
屋内消火栓設備

スプリンクラー設備とは

スプリンクラー設備は、建物の天井又は屋根下部分に配置されたスプリンクラーヘッド、壁面に設置された補助散水栓により、 火災感知から放水までを自動的に行う消火設備です。

不特定多数が集まる大規模施設では必ず設置され、初期火災を越えたもの、或いは中期以降の火災消火を目的としています。

スプリンクラー設備の系統図

スプリンクラー設備は、水源、加圧送水装置(消火ポンプ)、起動用圧力タンク、自動警報装置(流水検知装置、表示装置、警報装置等)、 スプリンクラーヘッド、補助散水栓、送水口、配管・弁類及び非常電源等から構成されています。

  • 自動警報弁(流水検知装置)
  • ①自動警報弁(流水検知装置)
  • 末端試験弁装置
  • ②末端試験弁装置
  • スプリンクラーポンプ
  • ③スプリンクラーポンプ
  • 送水口
  • ④送水口
屋内消火栓設備

連結送水管とは

連結送水管とは、高層マンションや地下街などに設置される消防活動上のための設備です。

高層ビルなどの火災では、ハシゴ付消防自動車などによる外部からの注水では建物内部の消火活動に限界があり、 また、消防ポンプ自動車からホースを延長するのが難しいため、建物内部に配管設備と放水口を設けたものが連結送水管です。

  • 自主放水
  • ■自主放水

消火器の設置 消防申請業務

消火器は、初期火災において、消火する人が安全にかつ確実に消火することができるものであり、消火の3つの作用のうち窒息消火及び冷却消火の原理を応用したものです。

消火器は、消防法令等により設置義務がある防火対象物等に設置される「業務用消火器」と、設置義務のない一般住宅等に設置される「住宅用消火器」があります。
当社では消火器の設置工事から消防署への申請業務を行っております

●種別、本数の検討、ご提案
●古い消火器の改修、処分
●設置工事
  • 消火器
  • ■消火器
  • 消火器
  • ■消火器

移動式粉末消火設備の設置、消防申請業務

外壁のない建物や、開口部が確保でき著しく煙の充満する恐れのない場所に限ります。

格納箱にあらかじめ粉末消火薬剤の貯蔵容器やホース、噴射ノズルがセットされ、火災場所まで人がホースをのばしノズルを操作して粉末消火薬剤を放出する方式です。 火災の際、煙の充満しにくい対象物に用いられ、防護対象物内のどの位置からも本体までの水平距離が15m以下となるように配置します。

設置位置、本数等は当社資格者、消防設備士がご提案致します

  • 移動式粉末消火設備
  • ■移動式粉末消火設備
  • 移動式粉末消火設備
  • ■移動式粉末消火設備
株式会社 shop up
〒550-0024 大阪市西区境川1-3-25
TEL:06-4393-9888
FAX:06-4393-9889
E-mail:shopupbousai@ybb.ne.jp
業務内容
消火設備の設計・配管工事・消防申請業務他
Google Maps
■ 大阪市営地下鉄中央線 阪神なんば線
 [九条駅]徒歩5分
消防施設工事業 大阪府知事許可 般-25 第140006号
管工事業    大阪府知事許可 般-25 第140006号
建築工事業   大阪府知事許可 般-25 第140006号
消防設備業登録 大阪市消防局 西消防署 第5581号
消火設備の設計・配管工事・消防申請業務のご相談は
大阪市西区境川の株式会社shop up へお任せ下さい!
COPYRIGHT © SHOP UP Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVSD